ニュース

【インアゴーラ】日中間における新しい商品流通システム「Wonder Japan Cross-Border Syndication」の構想を発表

日本商品に特化した唯一の中国消費者向け越境 EC プラットフォーム「豌豆プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 本社:東京都港区、以下「インアゴーラ」)は、日中間における新しい商品流通システム Wonder Japan Cross Border Syndication(ワンダー ジャパン クロスボーダー シンジケーション)に関する構想を発表致しました。



ワンダー ジャパン クロスボーダー シンジケーションは、日本企業が越境 EC を行う上で必要となる、商品マスター・通関データベース・新商品情報といった情報基盤、商流・物流といったビジネス基盤、マーケティング基盤をプラットフォーム化し、越境EC を総合的にサポートする新しい流通システムです。


全農パールライスはこのシステム構想に賛同し、他の大手流通・卸企業と共に事業化を検討致します。


詳しくはこちら(インアゴーラの公式プレスリリース}


2017年11月22日