お米のプロが教えるお米の炊き方・保管法補

  • 普通精米の炊き方
  • 玄米の炊き方
  • 無洗米の炊き方
  • お米の保管方法

お米の保管方法

密閉容器で涼しい場所に

お米はニオイがつきやすいので密閉容器に入れて、冷蔵庫の野菜室など涼しい場所で保管するのがおすすめです。
その際、袋のまま密閉容器に入れても構いません。

また、お米の袋には通気のためにあなが開いてますので、未開封であっても袋のままの保管は避けてください。

Cool!

高温多湿、水濡れは大敵

高温・直射日光を避け、湿気・水濡れに注意してください。ごはんのおいしさが損なわれるだけでなく、カビや虫の発生の原因となります。
お米は必ずフタのある容器で保存しましょう。

高温多湿、水濡れは大敵

容器はいつも清潔に

米びつ等をご使用の場合は虫が発生しないよう、空になったら都度洗い、良く乾かしてから新しいお米を入れてください。夏は特に虫が発生しやすいので、2週間程度で食べ切るようにしましょう。

掃除がしづらい容器は虫の発生源になることがありますので、ご使用はおすすめできません。

容器はいつも清潔に

ニオイ移りに注意

お米はニオイを吸いやすい性質があるので、保管場所には気をつけましょう。一度吸着したニオイは取り去ることができません。
特に 「灯油」「洗剤」「匂いの強い食材」はそばに置かないよう注意が必要です。

また、シンク下の保管は臭う原因となります。

ニオイ移りに注意

美味しく食べる目安

美味しく食べきる目安は一般精米・無洗米・もち米、開封・未開封に関わらず、精米日から春は1ヶ月、夏場は2〜3週間、秋は1ヶ月、冬場は2ヶ月程度です。

過ぎた場合でも、色や香りに異常がない場合は食べられないということはありませんが、ご購入後はなるべく早めにお召し上がりください。

美味しく食べる目安

お米の変色の理由

  • 袋のまま保管し袋にある通気孔から水分が入った。
  • 高温多湿の場所での保管が原因で結露が発生した。
  • 濡れた手や濡れた計量カップでお米をすくった。
  • 購入の際、冷たいものと一緒にかごに入れてしまい結露が発生した。

などが考えられます。変色したお米はこのようなものです。発見したらご利用はおやめください。

お米の変色の理由