ニュース

中国向け越境EC「豌豆公主(ワンドウ)」にて商品販売を開始

【2017年今秋より、日本産の農産物・米加工品の販売に向け始動】



中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、全農パールライス株式会社(代表取締役社長:大貝浩平 所在地:東京都千代田区 以下「全農パールライス」)の取り扱う食品を中心とした、日本産の農産物・米加工品の中国マーケットにおける販売に向け始動しました。



全農パールライスは、日本の精米事業者として中国政府から認可を受けている精米工場を保有しておりますが、全農パールライスは2017年10月1日(日)より『豌豆(ワン)公(ド)主(ウ)』を通じて、高品質な日本産の農産物や米加工品の中国展開が可能になり、ブランドの更なる拡大・浸透を目指します。越境EC事業者との契約により、今後、各地方の農産物が中国で消費されることにより、地方への新たな経済効果も見込まれています。



『豌豆公主(ワンドウ)』は中国ユーザー向けショッピングアプリで唯一の日本商品特化型サービスです。日本企業は初期費用・固定費が無料で出店ができることから、中国で既に人気の商品からまだ中国ユーザーの認知度が低い商品まで約27,500商品(2017年3月現在)もの多岐にわたる品揃えを実現しており、人気の要因の1つとなっております。日本商品特化型であるため商品を陳列して販売するだけではなく、企業ブランド・商品の詳細情報や、商品の使い方や利用シーンをまとめた動画・記事コンテンツを提供するなどユーザーに対して多角的にアプローチすることが可能です。また、アプリ内のSNS機能(プリンセストーク)やコンテンツを通じて、ブランドイメージや商品をより拡散・浸透させていくこともできるため、『豌豆公主(ワンドウ)』から新たなヒット商品も続々と誕生しております。これまでの『豌豆公主(ワンドウ)』のラインナップに加え「全農パールライス」が出店することにより、インアゴーラは食料品カテゴリの商品拡充を実現し、お客様に対しこれまで以上に良質な商品や日本のライフスタイル情報をお届けして参ります。
インアゴーラは今後も様々な日本企業や中国ユーザーのニーズに適応しNo.1の越境ECプラットフォームとなることを目指しております。


インアゴーラの公式サイト
http://inagora.com/


2017年10月05日